もともと肌のキメが荒い次女は
冬はとても肌が乾燥するようで

「かゆいかゆい」と

お腹やおしり、太もも辺りをボリボリ掻きます。

 

特にお風呂上がりの
皮膚が温まった時に、かゆくなるようなので

ローズウォーターを、肌にぴたぴたつけてから

植物オイルに精油を入れたもので
マッサージしながら、肌に浸透させます。

 

最初につけるハーブウォーター

 

ローズウォーターやラベンダーウォーターなどの
ハーブウォーターは

赤ちゃんから使えるくらい穏やかなものもあり

子どもの化粧水として使うのに、ぴったり。

ごく微量の精油成分もあり
お肌を優しく潤してくれます。

オイルを塗る前に、水分補給をすると

オイルを浸透しやすくしてくれます。

ただし、使用するハーブウォーターは
無農薬栽培された植物から採られたもので
添加物のないものがいいですね。

わたしはKENSOのものを使っています。

さらにしっとりさせる植物オイル

植物オイルですが
私は、スイートアーモンドオイル・アプリコットカーネルオイル
アルガンオイルなどをよく使います。

精油はラベンダー、ジャーマンカモミールなど。

それでもまだ痒みが強い時には
植物オイルではなく
みつろうベースのクリームをつけてあげます。

次女よりこんなお言葉が

昨日の夜も
お風呂上がりに肌ケアをしてあげていたら

「ママがアロマやっててよかった」

と言ってくれました。

「なんで?」と聞いたら

「こうやってつけてくれるから」
ですって。

嬉しいですね☆

喜んでもらえると
毎日せっせと、アロマケアしてあげたくなります。

 

☆子どもへのアロマ肌ケアのお話も満載の
この講座は、1月に開催します↓

1/12子どもの肌・唇を守る「万能保湿クリーム&リップクリーム作り」

出張講座してきました

 

もう「趣味」ではおわらせない!
わたしらしいアロマの仕事の見つけ方
7日間無料メールレッスン

松戸市 アロマスクール・アロマサロン Aroma&Herb天使のて

八木美沙季