昨日のブログでは
こどもの肌のカサつきについてかきました

そもそも、乾燥肌とはどういうものか知っていますか?

やわらかい、みずみずしい、しっとりしている肌とは

みずみずしく、しっとりし、キメの整った肌は
十分な水分を保持しています。

表皮の上部にある角層には
15~20%の水分が含まれていますが

空気が乾燥した環境にさらされ
角層の水分量が10%以下になると

肌はカサカサな状態になります。

 

それと、人間の肌からは「皮脂」と呼ばれる
「あぶら」がでています。

それが皮膚の表面に膜を作り

表面からの水分の蒸発を防いで
肌をしっとりとさせる役目をしたり
雑菌の侵入を防ぎます。

 

こどもの肌状態

角層が肌のバリア機能をもっていますが

こどもは角層が、大人の1/2~1/3程度といわれていますので

元々バリア機能は大人より弱いのです。

そして、皮脂も大人の半分くらいしか出ませんので
(成長の度合いにより異なります)

大人よりも肌が乾燥しやすいと
考えられますので

冬の乾燥する時期は
すぐにカサカサになりやすいのですね。

ですので、カサカサ、かゆかゆを防ぐには
きちんとした保湿ケアが必要になります。

その他
・熱いお湯で肌を洗いすぎないこと

・液体のボディソープを過剰に使わないこと

・お出かけ前には、クリームなどを塗って肌をガードすること

などなど

大人が気をつけてあげるといいかな、と思います。

その他乾燥肌の要因は色々

大人になると、ダイエットや偏食、過労、ストレスなどが
乾燥肌になる原因と考えられます。

更年期以降の女性は
エストロゲンの減少により
乾燥肌になる方も多いです。

ただ、外側からクリームを塗ればいいだけではない
乾燥肌対策。

まだまだ乾燥する季節は続くので

子どもも大人も
しっかりとケアをしていきたいですね。

 

1/12子どもの肌・唇を守る「万能保湿クリーム&リップクリーム作り」

出張講座してきました

 

もう「趣味」ではおわらせない!
わたしらしいアロマの仕事の見つけ方
7日間無料メールレッスン

松戸市 アロマスクール・アロマサロン Aroma&Herb天使のて

八木美沙季