10歳の長女が
突然スキンケアに目覚めたことは
以前、ブログ記事にしました。

あれから「スキンケアしなきゃ」と
せっせと、お肌のお手入れに励んでいます。

でも顔を見る度に、最近増えてきた
「ほくろ」が嫌だとか
取りたいとかいうようになりました。

よくよく見てみると
本人がいうように「ほくろ」が前より増えていました。

夏に日焼けしすぎたのか??

気にすると、気になるようで
ちょっと可哀想…。

 

ほくろとしみの違い

肌の色を決めるひとつに「メラニン」がありますが

シミはこの「メラニン色素」が
沈着してしまったもの。


ほくろ
は、メラニン色素をつくる細胞の

「メラノサイト」(色素細胞)が
皮膚の一部に密集しているもの。

紫外線などの刺激から、肌を守る為に
メラニン色素が増加します。

そのメラニンを作る細胞が集まってしまったのが

「ほくろ」になるんですね。

 

ほくろは取れるのか?

後天的なシミとは性質が違うので
シミとり化粧品などは効果が期待できず

色素細胞そのものを除去しないと
とることは出来ないそう。
(レーザーやくり抜き切除など)

 

成長につれ、目立ってくるのが「ほくろ」。

思春期の頃から、特に目立ってくるらしいので
まさにその時期、なんでしょう。

「どうやったらとれるの?」と真剣でした(^_^;

「シミ」はわたし自身
アロマで作る、シミ専用ポイントジェルで取れた経験があるので

シミのケアなら、アドバイス出来るのだけど…

もうちょっと大人になって
それでも気になるようなら、何かしら対処しましょうか…。

 

明日はどうしてシミができてしまうのか?
ということを解説しますね。

 

講座、イベント最新お知らせ

もう「趣味」ではおわらせない!
わたしらしいアロマの仕事の見つけ方
7日間無料メールレッスン

松戸市 アロマスクール・アロマサロン Aroma&Herb天使のて

八木美沙季