年末年始は大掃除などで、家事も多くなりますね。
沢山家事をした後の手は、カサカサになってしまう方も多いのではないでしょうか?
そんな手をしっかりと潤してくれる手作りアロマクリームをご紹介します。

冬の乾燥時期に加え、沢山の手作業が肌を荒らしてしまいます

空気が乾燥をしてくると、肌のバリア機能も低下してしまいます。
年末に向けての大掃除で、忙しく働いた手は
とってもデリケートになり、あかぎれや手荒れがひどくなりがちです。

最近はハンドクリームの種類も多く、その時々に合わせて使い分けている方も多いですが
自然素材で作るアロマクリームも
荒れた肌を癒やすのに、おすすめなんです。

私は年間を通して、このハンドクリームを愛用しています。

みつろうと植物オイルのシンプルクリーム

アロマのクリームで代表的なのが
みつろうと植物オイルを、湯煎して溶かし固める「みつろうクリーム」。
ここに香りのよい精油を入れると、アロマクリームができます。

みつろうは、ミツバチの巣から採れる天然ワックスで
抗菌効果や保湿効果に優れています。

植物オイルは、植物の実や種から抽出された油です。
皮脂に近い成分が多く含まれていて、それらの成分が皮膚に浸透し足りない栄養分を補ってくれます。
手に入れやすいオイルは
スイートアーモンドオイル、マカデミアナッツオイル、グレープシードオイル等があります。

ベースのクリームの材料は、この2つだけです。
とってもシンプルですよね。

アロマクリームを作ってみましょう

材料がそろったら実際にクリームを作ってみましょう。

アロマクリームの作り方
◆用意するもの
・みつろう3g
・植物オイル5g
・精油2~6滴
・クリーム容器
・耐熱カップ、竹串、湯煎する鍋やホットプレート

◆作り方
1.カップに、みつろうと植物オイルをいれ、湯煎します。クリームベースになります。
2.みつろうが溶けたら、湯煎からはずし冷まします。
3.カップの縁から固まってきたら、時々竹串で混ぜます。 あら熱が取れたら、精油を加えよく混ぜます。
4.容器に移してできあがり。

*ハンドクリームにおすすめの精油
手荒れを癒やすのに効果的な、樹脂からとられる精油(ベンゾイン、ミルラ、フランキンセンス)や
ラベンダー・ゼラニウム、カモミールローマン、ティーツリーなどがおすすめです。

◆ご注意
・使用前にパッチテストをしてください。
・お肌の弱い方は精油は少なめにご使用ください。
・材料は、アロマ専門店での購入をおすすめします。
・使用期限は1~2ヶ月です。
・アロマクラフトは、自己責任でのご使用をお願いします。

アロマクリームの使い方裏技

指先も切れて痛いくらいの肌荒れには
就寝前にたっぷりクリームを塗り、綿や絹の手袋をしておやすみください。
翌朝はしっとりつるつるのお肌に♪

毎日洗い物をする時には、ゴム手袋をはめる前に
クリームを塗り、綿や絹の手袋をしてから、ゴム手袋をしてみてください。

洗い物のお湯で、適度に手も温まり
家事をしながら、ハンドエステになりますよ。

いかがでしたか?
カサカサの手を癒やす、シンプルアロマクリームは
作り方はとっても簡単です。
自然の恵みでしっとりつやつやの手を保ち、年末の大掃除を乗り切ってくださいね。

アロマ専門店
生活の木
フレーバーライフなど

*この記事は2016年Comorieで執筆したもの。サイトが終了したので転載いたしました。

 

受講は随時受付中!お気軽にお問合せください
〇アロマクラフト・ハンドメイドコスメ教室を開く為の講座

〇ご予約フォーム

〇トリートメントメニュートリートメントキャンペーン実施中!

アロマコーディネーター資格取得講座入学キャンペーン実施中!

〇ハンドトリートメント検定対応講座

〇活動実績

松戸市 アロマスクール・アロマサロン Aroma&Herb天使のて
八木美沙季

スクール・サロンからのお知らせメールマガジン
アロマ、ハーブ、ハンドメイドコスメ、女性ホルモンバランスのことなど、お役立ち情報を週一回配信しています。
メルマガ読者さん限定のお得な情報も♪ ご登録はこちらからから↓