日本アロマコーディネーター協会の
アロマコーディネーター資格取得講座
新しいカリキュラムが追加されています。

「予防医学とセルフメディケーション編」

病気にならないための体づくりをアロマのある生活から
具体的に提案できる人材の育成を柱に

アロマセラピーの社会的な役割や
個々の健康について自身で責任を持つといった考えを
一冊のテキストにまとめたもの。

*セルフメディケーションとは
「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」<WHO定義>

 

2021年10月受験より、小論文の出題範囲となりますので
アロマコーディネーター講座の15レッスンに
プラス1レッスンとなります。

特定の疾患に対する精油の使い方や
精油を薬のように扱うためのノウハウ本ではなく

病気にならないための体つくりを
アロマのある生活からはじめましょう
という内容です。

テキストは、Chapter1~4で構成。

1、健康とは
2,なぜ疾患は起こるのか
3,生活習慣と疾患の関係
4,予防医学と未病~病気にならない体づくり

アロマセラピーを知るのと同時に
幅広い視野を得られます。

当スクールでは
年内の受講お申込みに限り

現在の受講費用でこの「予防医学とセルフメディケーション編」も
ご受講いただけます。

2022年の受講申し込みより
テキスト代・レッスン費が追加されます。

一人ひとりが、健康に意識をむける時代に
アロマセラピーを基本から学び

幸福な人生を過ごすことを
自ら選べるようになる人が、増えることを願います。